【どうぶつの森】役場の利用、活用方法について!

どうぶつの森の役場の利用、活用方法について!

どうぶつの森をプレイするにあらって必ずお世話になる施設が役場です。
「しずえ」さんが秘書として勤務している場所でございます。

では、役所では一体どんな事が出来るのか!?

役場は24時間いつでも利用可能で、くらしのアドバイス、村の環境こと、村メロの変更、旗の変更、住民の事など、いろいろな事を相談出来ます。
「村の住民に苦情を言う」事が出来ますが、ただし苦情の言い過ぎると、その住民が引越ししてしまう可能性があるので注意が必要です。

そして村長のイスに座ると、村の公共事業など、村長の仕事が出来ます。

・村長の自宅がテントでない
・住民からの期待度を100ポイントにする事
2つの条件をクリアし、村長の椅子に座って「しずえ」に話しかけると、翌朝6時以降から仕事が出来るようになります。

・公共事業

橋やベンチ、外灯など様々な施設を作る事ができ、最大数30まで設置できる。

・条例の制定

村の条例を定める事が出来、1日1回、20000ベルで変更が可能です。

・村の環境評価

衛生委員会による最新の村の評価内容や「しずえ」のコメントで、村の環境状態を確認できる。


・役場の初期デザインと改築

初期状態の役場には、屋根の色が青・赤・茶・緑の4タイプがあります。
村の環境がサイコー状態の時に「しずえ」に話しかけると、公共事業で役場の改築が出来ます。和風・メルヘン・モダンの中から外観が変更出来ます。

管理人コメント

どうぶつの森をプレイする上で役所は必ず利用するものですし、重大な役割を担っています。どういった事が出来るかなど覚えておきましょう。
オススメ記事はこちら
トップへ戻る